So-net無料ブログ作成
検索選択

アイスランド首相 「パナマ文書」疑惑で辞任政治家初の失脚 [政治]






【4月6日 AFP】アイスランドのシグムンドゥル・グンロイグソン(Sigmundur Gunnlaugsson)首相が5日、いわゆる「パナマ文書」がもたらした世界的なスキャンダルのあおりを受けて辞任した。この問題が原因で失脚した初の政治家となった。

 このスキャンダルは、パナマの法律事務所から流出した内部文書1150万点を世界のメディア各社が調査した結果明らかになったもので、現職または元職の国家元首12人を含む政治家140人がタックスヘイブン(租税回避地)での金融取引に関与していたとみられることが明らかにされた。辞任に追い込まれたグンロイグソン氏は、この問題をめぐり最大のあおりを受けた人物となった格好だ。

 進歩党のシグロウル・ヨハンソン(Sigurdur Johannsson)副党首はテレビの生放送で、「首相が(自党の)議員グループの会合で辞意を表明した。後は私が引き継ぐ」と宣言した。

 タックスヘイブンの利用者として名前が挙がっている中には、ロシアのウラジーミル・プーチン( Vladimir Putin)大統領の側近や中国の習近平(Xi Jinping)国家主席の親族、デービッド・キャメロンDavid Cameron)英首相の亡父に加え、サッカー・アルゼンチン代表のリオネル・メッシ(Lionel Messi)選手などの著名人らがいる。いずれも違法行為はなかったと一様に否定している。

 グンロイグソン氏も夫人と共にパナマに法人を持ち、数百万ドル規模の資産を隠していた疑惑が浮上。同氏は国外に資産を隠している事実はないと否定したものの、街頭で卵を投げるなどの抗議行動が展開され、グンロイグソン政権に対する圧力が強まっていた。(c)AFP/Hugues HONORE with David WILLIAMS in Paris 






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。